教えて!みんなの妊娠発覚の瞬間!!

先輩ママの妊娠発覚の瞬間を独自にまとめています。こどなたかのお役に立てれば幸いです。

今回はどう?検査薬片手に待ち構えていた中での妊娠発覚!


投稿者:肝っ玉になりたい母ちゃん (妊娠発覚時の年齢:26歳)


私は結婚後、とにかく子どもが欲しかったのですぐに生理周期からタイミングを計っていました。

私の場合は割と上手くいったので結婚してから半年後には妊娠発覚でした!

今回はどう?!という気持ちで妊娠検査薬を使っていましたので線が出てきた時は「キター!」という気持ちでした。待ち構えすぎて妊娠するまでおそらく3本くらいは無駄にしているはずです。

すぐに主人に連絡したのですが、主人も何か感じたのか「やっぱりか!」という反応でした。本当にわかっていたのかは謎ですが、待ち構えていた事が起こったのでお互いに特別な驚きはなかったです。

ですがなんだかそわそわしてしまい、私はそれからずっと妊娠初期症状について調べていました。あてはまることがあれば「おぉ~!」と思ったり、違うかも?という事があれば落ち込んでみたりと忙しい心理状態でした。

発覚したのが確か5週目あたりだったのでとにかく病院に行くにはまだ早いということだけ念頭に置いていました。地域でもらえる無料の診察券のことも下調べで知っていたので計画的に行こう。という考えのもと過ごしていました。

でもやっぱり早く病院で調べてほしいという気持ちに嘘はつけず、7週で病院へ行きました。結果、もう少し時間置いてまた来てね。と案の定言われガッカリしました。

それから母子手帳を貰うまではまだかな~、まだかな~という気持ちでいっぱいです。ようやく11週になって病院へ、一応予定日も確定して母子手帳と無料券を頂きました。思っていたより母子手帳が大きいことにも驚きましたが、とにかく嬉しくて、まだ書くことがない母子手帳に何を書こうかとウキウキしました。


今、我が子を見て思うことは?


子どもはあっという間におおきくなると知っていたつもりですが、いつの間にか抱っこが大変になって、一人で歩いて、子ども同士の友達が出来て、自分が子どもに諭される時があったりと毎日見ているはずなのにいつのまに成長しているの?と思わずにいられません。

今までの人生の中でも断トツでスピーディーな時間を過ごしています。毎日怒ってばかりと落ち込むこともありますが、良い意味でもそうでなくても日々しっかりしていくわが子は頼もしく、楽しみです。

妊娠が分かったその日から、たくさんの幸せをありがとう。


投稿者:一児のママ (妊娠発覚時の年齢:23歳)


彼とは2年付き合い、翌年くらいには結婚しようかとも話していました。

そんな頃に、毎月決まった日に来ていた生理が来ず妊娠したと自覚しました。ただ私も彼も子どもは大好きなので戸惑うことはなく、妊娠検査薬で結果を知り喜びました。

ただ、世間でいう「できちゃった婚」であり、本来あるべき順序ではなかったためお互いの両親に伝えるのは正直緊張しました。とくに、私の家族へ伝えた時には100%喜んでもらえたという感じではなかったものの、背中を押してくれたことに感謝しています。

子どもができるということは、親としての責任を持つこと、これまで以上に膨大なお金がかかること、たくさんの覚悟も必要となりました。同時に、自分たちの両親もそうして一生懸命に私たちを育ててくれたのだと改めて気付き、自分も親になるという立場になってようやくそのことへの感謝が溢れました。

この子に会えると思うと「性別はどっちだろう、名前は何にしよう」と楽しみもありましたが、初めての出産への不安ももちろんありました。お腹の中で順調に育つだろうか、元気な子が産めるだろうかなどと毎日考えました。

仕事もしながらだったので、安定期に入るまではつわりと戦いながらの立ち仕事が本当に辛かったです。しかし今思えば、あの頃からすでに母になるという強い信念が私を奮い立たせてくれて、まだ見ぬ我が子が私を強くしてくれていたのだなと思います。


今、我が子を見て思うことは?


元気にお腹をぽこぽこと蹴るのを見て、「どんなに暴れん坊な子が産まれるんだろう」と楽しみにしていました。

あっという間にもう生後7ヶ月になる我が子はやっぱり暴れん坊でとても元気です。今でも時々ふと、お腹を蹴られるように感じることがあり、妊娠していた時の幸せな気持ちを思い出します。

つわりで苦しんでいる自分に教えてあげたいです。「すごくすごく元気で可愛い子が生まれてくるからね、今は辛いけど会えるのを楽しみに頑張ろうね」と。

出産が終わればすぐに大変な育児が始まって休む間もないですが、元気に生まれてきてくれたこの子と新たな幸せを築いていけるのが楽しみでしかたないです。

夫婦そろって「はぁ~やっとか」が正直な感想でした。


投稿者:やんちゃ男子育て中 (妊娠発覚時の年齢:28歳)


妊娠が発覚したのは結婚4年後の事でした。

子供が欲しくてもなかなか出来ず、不妊治療を視野に入れ始めた頃。卵管造影をした次の月に発覚いたしました。朝チェックワンファスト(早期に発見できるタイプの妊娠検査薬)を使い線が出たときは本当に本当に嬉しかったのと同時に、やっとか~と心底ほっとしたのを覚えています。

チェックワンファストは薬剤師のいる薬局でしか購入出来ないので、少し遠くの薬局に何度も足を運び、何本無駄にした事か…。

妊娠発覚後、本来せめて心音確認出来てから職場には報告したほうがいいのは分かっておりましたが、私は当時書店員の店長で、妊娠発覚までけっこう重い荷物を運んだりしており職場にはすぐに妊娠した旨報告させていただきました。幸いとても喜んでくれ、重い荷物などの業務からは外れさせていただきました。これは他のスタッフの方に申し訳なかったですが…。

妊娠を望んでいる事も了承の上で上司より店長業につかせていただいておりましたが、店長を下ろさせていただきたい旨も伝えました。しかしそのあと妊娠8か月に入るまで人手不足で店長が辞められず…。

また私は本当に悪阻が酷く水も食べ物も受け付けず1か月で11キロ痩せました。毎日唾液悪阻と嘔吐、逆流性胃炎で苦しみ(さすがにこの期間はお休みをいただいておりました)泣いて暮らしていたのも今ではいい思い出…ではないです辛かったです。

正直出産のほうが何倍も楽でした。私の妊娠の記憶は7割が悪阻の辛さで占めています。でも産まれたら子供の可愛さで笑い話に出来るほどにはなりましたよ!

あんなに辛かったのに、もう一度あの辛さを味わう覚悟も出来てきました。子供ってすごいです。


今、我が子を見て思うことは?


やんちゃで暴れん坊で困る事もたーーくさんありますが、とにかく愛おしくて愛おしくて仕方がないです。

妊娠時代は全然ピンと来ず、母性?なにそれ?が正直な所だったのですが、産まれてきてくれて育てていけばいくほど可愛く愛おしくなります。

お母さん依存症で卒乳してもちっとも依存症が治らず、お父さんの抱っこじゃ許してくれない我が子です。 同年代でも一番大きく私の腰は崩壊寸前ですが、いつかお母さんなんて見向きもしなくなる事も分かっているので今精一杯がんばります。