教えて!みんなの妊娠発覚の瞬間!!

先輩ママの妊娠発覚の瞬間を独自にまとめています。こどなたかのお役に立てれば幸いです。

子供は授かれないかもしれないと諦めていたのにまさかの妊娠


投稿者:食いしん坊ママ (妊娠発覚時の年齢:34歳)


若い頃卵巣嚢腫で右の卵巣を摘出し、更に左も排卵がうまく出来ていない為妊娠しづらいだろうと医師から言われていました。

「きっと不妊治療を頑張らなければ授からないだろう、もしかすると子供は一生出来ないかもしれない」と諦めていました。

ある時、生理がいつまでも一ヶ月ほどダラダラ続き終わらないことがありました。 元々排卵がうまく出来ていないせいで生理不順になることが度々あったので「またか」と気にも留めていませんでした。

同時期に吐き気と胸のムカムカに襲われるようになったので自宅近くの内科へ行くと、胃腸炎とのこと。 ところが処方された薬を飲んでも一向に良くならず、むしろ吐き気は増すばかり。

たまたま母から電話があった時に「胃腸炎が良くならなくて、最近はお腹がすくと気持ち悪くて…。」と話すと「もしかして妊娠したん じゃない?」とまさかの言葉が返ってきました。 「いやいや、生理がずっと続いてるのにあり得ないでしょ!」と言ったものの、生理が終わらない事もあったので半信半疑で婦人科へ行ってみました。

久々の診察台にドキドキしつつ生理不順の原因を探る為エコーで調べてもらうと、先生が「あれ?これ、わかる?これが赤ちゃんの袋だよ!この小さな影が赤ちゃんで、チカチカしてるのが赤ちゃんの心臓だよ!」と言われました。

まさか本当に妊娠しているとは思ってもいなかったので信じられませんでしたが、モニターに映る小さな影にすぐに実感が湧いてきました。 そして出来ないかもしれないと諦めていたのに妊娠出来た喜びで胸がいっぱいになりました。


今、我が子を見て思うことは?


とても可愛くて、とても愛しくて、ありがちな言葉ですがこの世に自分の命よりも大切なものがあるんだと実感しています。寝不足になったり、自分の時間がなかったり、娘中心の生活ですが本当に毎日が幸せです。

無事に生まれてきてくれたこと、すくすく育ってくれることに感謝ですし、泣いても笑っても何をしても本当に可愛いです。「パパとママを選んでくれてありがとう。これからもよろしくね。」

驚きと戸惑いもあったが「母」になる喜びがとても大きかった


投稿者:3歳の娘をもつ母 (妊娠発覚時の年齢:23歳)


私の場合は月経が来なくて、 「生理が遅れてるのかな?」という感じでしたが、それから1ヶ月程経っても来なかったので、妊娠検査薬で調べてみると、結果が陽性でした。

その時付き合ってた彼と一緒だったのですが、正直お互い戸惑っていたと思います。でも、彼に「結婚しよう」と言って貰えたことで私も覚悟ができました。

初めて産婦人科に行った時はとても緊張しましたが、エコーで我が子を見たときの感動は一生忘れません。妊娠が分かった最初の頃は赤ちゃんも豆粒のように小さいのですが、2週間に一度のエコーを見るたび段々と成長していく我が子を見て「本当に命が宿ってるんだな」と感じました。

さらに成長して心臓が動いているのが分かると、エコーを見ながら涙が込み上げてきたのを覚えています。予定していた事ではなく赤ちゃんを授かったため、最初は戸惑いもありましたが、やはり時間がたつにつれて「母」ということを意識するようになり、お腹の赤ちゃんをとてもいとおしく思うようになりました。

主人はおそらく、出産して赤ちゃんと初めて対面したときに「父」を自覚できたのではないかと思います。妊娠中は、自分が出産の痛みに耐えられるのか不安でしたが、日を重ねるごとに「会いたい」という気持ちの方が大きくなりました。


今、我が子を見て思うことは?


妊娠が発覚して最初は不安や戸惑いばかりで、さらに妊娠中も仕事をしていたので、苦しい思いをさせたかもしれないけど、無事に産まれてきてくれて本当に偉かったし頑張ったねと言いたいです。 今まで大病も怪我もなく育ってくれて良かったです。

来年からは幼稚園に通い始めるので、お友だちをたくさんつくって、幼稚園でしかできない事を全力でして欲しいと思います。

不安から一気に芽生えた母性愛。彼の言葉で命の大切さに気付く


投稿者:2歳の息子をもつママ (妊娠発覚時の年齢:32歳)


交際7カ月で妊娠に気付きました。

私は生理の予定日がほぼ安定していたので、その時も、あーそろそろ来るな~と思っていたら、出血というより茶色のオリモノが少し出た程度。あれ?生理前の血の薄いやつ?と思っていましたが、オリモノはその1日だけで、翌日も生理は始りませんでした。

交際相手とは結婚前提でしたし、親にも挨拶はしていたので、いつできてもいいかなと思って身に覚えありでしたが、いざ、もしかして…と思うと不安になりました。

その頃私は地元の祭りの実行委員や同窓会のスポーツ大会など、バタバタ動き回っている時期でしたし、今穴を空けるわけにはいかなかったのです。遠距離恋愛だった彼に電話で軽く生理が来ないことを話してみると、「結婚前提だし、その時はちゃんと親に話して話しを進めたらいいんじゃない」とそっけない返事。

何だかますます不安になりました。

病院に行く前に検査薬を…と思い、人生初の妊娠検査薬を購入。生理予定日から4日後のことでした。結果は陽性。あーやっぱりできてる…。

その夜、彼に結果を報告するため電話をすると「そっかー!!!ありがとうございます!!」と言われ驚きました。「え?この前はそっけない感じやったやん!」と言うと「いやー、生理が来ないだけで確実じゃないのに、喜んでもいけないかと思って」って。

子供が好きなそぶりなんて全然ない彼が、こんなに妊娠のこと喜んでくれてたことに嬉しくなった私は、お腹の中の子を絶対守ろう、と決意しました。彼にも無理しないようにと言われたので、すぐに祭りやスポーツ大会関係者に相談して、すべて無理のない担当にしてもらいました。


今、我が子を見て思うことは?


2歳6カ月の息子は、日に日にワガママも増え、イヤイヤ期まっただ中で手を焼くこともしばしばです。

でも、それに伴い、人を思いやる気持ちも育っているようで、私が熱いものを食べて「あつっ!」と言うと、自分のお茶の入ったコップを口元まで持ってきてくれたり、どこかにぶつけて「いたーい!!」と痛がっていると「ママー!ジョウブ(大丈夫)?!」と心配して飛んできてよしよししてくれたり、本当に私の癒しの息子です。

妊娠時、こんな時期にできちゃった…と少しでも煩わしがった自分が恥ずかしい。パパが息子の命が宿ったことを純粋に喜んでくれたこと、私の一番の宝物であること、これからも大きくなってもずっと伝えてあげたいです。