投稿者:1姫2太郎を持つママ (妊娠発覚時の年齢:28歳)


主人との結婚が決まり両家での結納を終え、結婚式約2か月前から主人と2人でアパート生活が始まりました。

長距離恋愛の末結婚に至ったので、この時私は仕事をやめ、主人の住む街へと引っ越してきました。大好きな人との新生活で毎日がドキドキで新鮮でしたが、当時主人の仕事は激務でまとまった休みもなく、平日は早朝から夜遅くまで仕事仕事の日々。

当然そんな疲れ切った主人との夜の生活はなかなか取れずにいました。そんな中一度だけした夜の生活でなんと見事に妊娠。主人が仕事でいない日中1人トイレで妊娠検査薬をし、はっきりと陽性のラインが出ました。嬉しくて嬉しくてトイレで泣いたことを今でも覚えています。

身に覚えのあるSEXはたった一度きり。一度のSEXで妊娠、まさに奇跡でした。

主人は3人兄弟の次男で、義兄である長男は既に結婚して2,3年が経っていたのですがまだその当時子供はおらず、義両親にまだ孫はいませんでした。

それもあってか、結婚式前の妊娠発覚でしたが義両親は私たちの妊娠に大変喜んでくれ、特に義母は涙を流すほど喜んでくれました。

それと同時に義母は主人に「〇○ちゃんが妊娠したんだから、これからは今以上にあなたが率先して動かなくちゃダメよ。

お腹に赤ちゃんがいるんだから労わってあげるのよ!重い物なんて持たせたら絶対ダメよ!」と忠告してくれました。私たちの妊娠でみんなが喜んでくれ、本当に嬉しかったです。


今、我が子を見て思うことは?


この子を妊娠した時義父は癌を患っていて先が長くないと言われていました。主人も私もそんな義父に孫を見せてあげたい、抱かせてあげたい、口にはしませんでしたが当時はお互いそう思っていたと思います。

そして妊娠、無事に娘が産まれました。初孫である娘を抱っこした義父はその3か月後に帰らぬ人となりました。

現在娘は幼稚園生。元気に成長し続けている娘を見る度に「お義父さんがいたら今頃どうなっていたかなぁ?可愛がってくれただろうなぁ」そう思います。娘は私たち家族に舞い降りた希望だと感じています。
スポンサーリンク